カメラ転売 サイドビジネス関連

カメラ転売の方法大公開(出品準備編)

アイキャッチ画像

前回、カメラ転売ノウハウを公開したところ、多くの閲覧がございましたので、小出しにはなりますが情報を追記していきたいと思います。

前回記事
副業を始めるなら転売!カメラ転売の方法(やり方)を大公開

副業解禁に伴い、企業の副業に関する認識が変わってきたかと思います。 ぼくは以前、副業に関しての集まり(という名の飲み会) ...

続きを見る

正直、ぼくが公開していく内容は「有料でも売れる」と思いますが、なぜ無料で公開しているのか。

昨今、カメラ市場はスマホにとって代わられつつあります。
スマホでも十分高画質な写真が撮れますし、加工だってできます。

しかし、一眼や一眼レフといったカメラにしか取れない写真や、構造を知っていくと「やっぱりスマホじゃないな」と思える瞬間がきっとあります。

ぼくは、一人でも多くの人に「カメラのすばらしさを知ってほしい」と思い、そのきっかけとして「カメラ転売」をオススメしています。

正直、カメラ転売やってたらカメラに詳しくなりますよ(笑)

ヤフオクで出品するにあたって

前回の記事でも紹介しましたが、ヤフオクで売っていきます。

ここではヤフオクで売るための準備について説明をします。

ヤフオクアカウントの評価を付ける

評価イメージ画像

ヤフオクに上げるにあたっては、自身の評価がとても重要になってきます。

まずは不用品の出品や安価な商品の落札をし、評価を「50」にするようにしてください。
この段階で「悪い」評価をつけられてしまった場合は、改めてアカウントを新規取得してください。
「良い」評価が多ければ多いほど、商品は売れやすくなります。

ココに注意

同じ出品者からの購入は評価が増えません!
エクセル等で購入商品と出品者IDの表を作成し、重複ない様にしてください。

オークファンの登録をしておく

オークファンをご存じでしょうか?
オークファンとは、ヤフオクの過去の取引実績を検索できるシステムです。

まだ登録が済んでいない方は、まずオークファンの登録を行ってください。

その際、フォトプラス(オプション)の登録もしておいてください。
フォトプラスを登録すると、ヤフオクに写真を30枚まで載せられるようになります。

転売において、写真の枚数は多ければ多いほど良いです。
(特に、外観の痛みなどは文章で書ききれないので、見て理解してもらう様にするためです)

銀行口座の準備

生活費とは分け、銀行口座を用意してください。

用意すると良い銀行口座は以下の通りです。

ココがおすすめ

  • 郵貯
  • ジャパンネット(必須)
  • メガバンク系

ジャパンネットはヤフオクと提携しているので、必ず開設しておいてください。
メガバンク系は種類が多ければ多いほど良いです。

必要機材を準備する

カメラ転売するために用意すべき機材があります。
これらはヤフオクの評価を付けるにあたって、ヤフオクで買っても構いません。
基本的には安い商品で固めてありますので、資金もそこまでかからないと思います。

必ず必要なモノ

  • ニコンD200ボディ(代替品可)
  • ニコンSB26ストロボ(代替品可)
  • ニコン18-55標準レンズ(代替品可)
  • 撮影ブース(大き目の物で背景白色であれば何でもOK)
  • CFカード(ボディによってはSDカード)
  • ストロボ用単三電池(エネループがオススメ)
  • ブロワー(商品レンズのほこり取りに使います)
  • 段ボール(基本は60サイズを使いますが、80サイズや100サイズも少量持っておきましょう)
  • プチプチ
  • 緩衝材(新聞紙で構いません)
  • セロハンテープ
  • ガムテープ



撮影テストをしてみる

撮影機材が揃ったら撮影テストをしてみましょう。

カメラ知識がない方だと、残念な仕上がりになることがあります。

よくない写真例

この写真はどこがよくないでしょうか?

  • 写真全体に対して商品が小さい
  • 全体的に暗い
  • 商品が一部ぼやけている

例えば、このように撮影した場合、どうでしょうか?

良い写真例

異なる商品ですが、全体的に明るく、商品が大きく表示されていると思います。

どちらが買いたいか?と聞かれれば、後者かと思います。

実はこの写真、1枚目が私が初めて出品した商品で、2枚目が1ヶ月後に出品した商品です。
毎日撮影し、出品を繰り返していた中で、少しずつ改善していった結果です。

F値?シャッター速度?ISO?

撮影をする際、以下の問題に直面すると思います。

はてな

  • 全体的に暗い
  • ぼけが生じる
  • ブレる

これらを解決するには、F値、シャッター速度、ISOの設定が必要となります。

なんのこっちゃ、よくわからん!

となるかと思いますが、これらを的確に表した図があるので紹介します。

F値・シャッター速度・ISOの一覧表

英語で分かりづらいかもしれないので、それぞれ解説します。

上からF値、シャッター速度、ISOとなっています。

F値

F値参考画像

F値は数字が小さくなればなるほど、ピントが合っていない部分がぼやけます。
逆に数字が大きくなればくっきりと写ります。

しかし、F値が大きくなると光の入口(画像でいうと白い円)が小さくなるため、写真が暗くなります。
そのため、F値を大きくする場合はシャッター速度を遅くする必要があります。

シャッター速度

シャッター速度参考画像

シャッター速度を早くすると、その瞬間を切り取るため、動体が停止したように撮影されます。
スポーツをしている人を撮影したり、レース中の車を撮影する際はシャッター速度を早くします。

逆にシャッター速度を遅くすると、残像のようなものが残ります。
使いどころとしては、川の流れを撮影したり、夜の車の光を撮影したり、星の軌跡を撮影するのに使います。

シャッター速度を早くすると、一瞬の光を取り込んで撮影するため、F値が小さい状態でないと暗くなってしまいます。

ISO

ISO参考画像

ISOとは、カメラに入ってきた光をカメラの画像センサーが認識する度合いを表しています。

暗い場所でも明るく撮影したい場合は、ISOを大きく設定します。

ただし、ISOを大きくすると、ノイズが入りやすくなってしまいます。

適正な数値はテストして決める

ここではあえてF値、シャッター速度、ISOの適正値は申し上げません。

というのも、環境によって、適正値は変わってしまうためです。

皆さんの環境で「どの組み合わせなら綺麗に撮影できるか」を試してみてください。

カメラ転売の出品準備まとめ

ここまでいかがでしたでしょうか?

思ったよりも大変そうと思うかもしれませんが、やればやるだけ成果が出るのが転売です。

労力に対して成果が小さいのでは?と思うかもしれませんが、徐々に慣れてくれば数がこなせるようになりますし、出品業務に関しては委託もできます。
そうなれば仕入れに特化することができ、ぼくの知り合いでは月100万円近く稼ぐ方もいらっしゃいます。

ご自身の目指す目標値を決め、まずはその目標まで突っ走ってみることをお勧めします。

皆さんの副業生活の力になれれば幸いです。

関連記事
副業を始めるなら転売!カメラ転売の方法(やり方)を大公開

副業解禁に伴い、企業の副業に関する認識が変わってきたかと思います。 ぼくは以前、副業に関しての集まり(という名の飲み会) ...

続きを見る

1日1ポチお願いいたします!
人気ブログランキング

-カメラ転売, サイドビジネス関連
-, , ,

© 2020 with-Biz