アフィリエイト サイドビジネス関連

【初心者向け】WordPressでブログ(アフィリエイト)を始める方法

アイキャッチ画像

関連記事
アイキャッチ画像
【初心者向け】RPG好きこそPPCアフィリエイトをやるべき理由

PPCアフィリエイトは2018年までという記事もちらほら見えますが、まだまだ健在です。 ぼくはいろいろなネットビジネスに ...

続きを見る

はじめに

某有名YouTuberが「走り始めはアフィリエイトだった」と公言し、アフィリエイトのブームが到来しましたね。

でも、具体的にどうやったらいいの?何を準備すればいいの?となっている方も多いと思います。

本記事ではそんな初心者の方でも分かる様に、アフィリエイトのサイトを立ち上げる手順とツールのご紹介をします。なお、ITが苦手な方でも理解できるように専門用語は極力排除していきます。それでも不明な点があればコメント欄のお問い合わせよりご質問ください。

文中にはアフィリエイトをする上で大事な情報が多く盛り込まれています。しっかりと読み込み、スタートダッシュを切りましょう。

 



初心者こそアフィリエイトサイトはWordPressがオススメ

オススメを提案するイメージ画像

そもそもWordPressって何?となっているかと思います。

WordPressとは、簡単に言えば無料で使えるサイト作成のシステムの事です。Webの知識がない人でもサイト管理や記事投稿ができるため、世界中のサイトの約4分の1はWordPressで構築されているとも言われています。

さて、そのWordPressがなぜアフィリエイトサイトに適しているか。その理由についてお答えします。

自由度高い

企業のブログサービスにも多くのテンプレートが存在していますが、WordPressでは比べ物にならない量のテンプレート(WordPressではテーマと言います)が存在しています。

無料のテーマもありますが、おしゃれなデザインや可愛さを重視したテーマや、Googleの検索で上位に表示されやすい工夫をしているテーマの様に、売りのあるテーマは買い切りで販売されています。有料テーマに関しては後ほどご紹介いたします。

企業ブログは勝手に広告が入る

企業ブログサービスでは、ブログ内に勝手に広告が表示されてしまいます。

無料で使っているので文句は言えないですが、アフィリエイトで稼ごうとしている人間からすると、関係のない広告が表示されても困りますよね。

百歩譲って広告は許せたとしても、IDの強制削除が一番恐ろしいです。というのも、アフィリエイトを禁止しているブログもあるためです。

企業ブログは移設が難しい

基本的に企業ブログは「企業ブログ内」での順位を争ったり、ファンが付きますよね。

他の企業ブログが人気になったからと言って、これまでの記事をもって移設するという事は難しいです。

WordPressでアフィリエイトを始める準備

準備のイメージ画像

WordPressを導入するにあたり、以下の手順を踏んでいく必要があります。

  1. ドメイン(サイトの住所)を決め、取得する
  2. レンタルサーバー(土地)を契約する
  3. ドメインとサーバーを紐づける
  4. レンタルサーバーにWordPressをインストールする
  5. WordPressのテーマを選ぶ

ドメイン(サイトの住所)を決め、取得する

まずはサイトのドメイン(住所)を決めます。ここでは住所と訳しましたが、URLといって伝わる方はそれで認識頂いて構いません。

例えば、「http://abc-1234.com」というサイトがあったとします。ここでいう「abc-1234.com」がドメインになります。

企業であればドメインにこだわる必要があると思いますが、アフィリエイトをやる上では気にする必要はありません。思いついたもので構いませんので、サクッと決めてしまいましょう。

ただし、先程も記載しましたが、ドメインとは住所を表しています。よって、既に誰かが権利を持っているドメインは取得できません。先程の例を挙げると、「abc-1234.com」という住所が既に誰かのものとなっている場合、その住所を取得することはできません。使用者が何らかの理由で開放しない限りは使えないのです。

どうしても「abc-1234」を使いたい場合は、「.com」以外に空きがあれば問題ありません。

ムームードメイン「abc-1234」結果

ムームードメインで調べたところ「abc-1234.com」は既に使われていました。しかし、「.jp」や「.co.jp」などは空いている様です。

企業などでは覚えやすいドメインにするため、「.com」や「.jp」、「.co.jp」が多く採用されていますが、アフィリエイトをやる上ではあまり関係ないため、安いものを選択すれば良いと思います。

ここではムームードメインで説明しましたが、有名どころではお名前.comもあります。価格差はほとんどありませんが、時々キャンペーンで安くなっていることもあるので、それぞれ確認してみてもいいかもしれません。

ただし、本記事ではムームードメインを使って進めていきますので、本記事通りに進めたい方はムームードメインでドメインの取得をしていただければと思います。

ムームードメインはコチラ

ドメインの契約手順

ムームードメインの遷移先で希望するドメイン名を決めたら、ユーザー確認の画面に遷移します。本人確認後にログイン頂くと、何やらドメインの設定項目が出てきますが、以下の通りに設定してください。

ムームードメインでのドメイン設定画面

ネームサーバー1と2は、この先でエックスサーバーを契約することを前提に、以下の通りに入力してください。

ネームサーバー1ns1.xserver.jp
ネームサーバー2ns2.xserver.jp

そこから先は特に変更不要です。支払い方法と期間を決め、先へ進んでください。ヘテムル等のオススメがされますが、それもスルーして構いません。ドメインが取得できれば、1の作業は完了です。

「1.ドメインを決め、取得する」のおさらい

ネームサーバーはエックスサーバーの物を入れるため、タブから「GMOペパボ以外のサービス」を選択し、表に記載されている通りネームサーバー1には「ns1.xserver.jp」をネームサーバー2には「ns2.xserver.jp」を入力する。

レンタルサーバー(土地)を契約する

契約イメージ画像

次にレンタルサーバーを契約します。レンタルサーバー上にサイトを構築していくため、ここでは土地と訳しました。

この土地を借りるため、レンタルサーバーとの契約が必要となります。

レンタルサーバーも多種多様にありますが、ぼくが使っているのはエックスサーバーですので、エックスサーバーで進めたいと思います。

エックスサーバーは国内シェアNo1をうたっており、高速容量のSSD200GBが月額900円で使えます。(よくわからないという方は、読み書きの早いレンタルサーバーが月額900円で借りれると思っていただければ構いません)

また、セキュリティ強化に必須なSSLも無料でできます。これをやっていないと、最近はブラウザのURL表示位置に「保護されていない通信」とか「安全ではありません」といった表示がされるようになりました。ページの離脱につながるため、ぜひ設定しましょう。設定方法は後ほど記載致します。

特にこだわりがない方はエックスサーバーで契約を進めてください。まずは10日間無料でお試しできるので、使ってみて考えてください。

エックスサーバーはコチラ

エックスサーバーの契約手順

エックスサーバーにアクセスいただき、新規登録の画面に進んでください。悩む点は「サーバーID」くらいでしょうか。お好きなIDを設定して進んでください。プランに関してはX10プランで十分かと思います。

ここでは特に悩むことはなく、契約が済むと思います。

初回のログイン後に必ず支払い方法の設定を済ませておいてください。お試しで使って破棄する方であれば構いませんが、使い続けたい場合、支払い方法の設定を済ませていないまま試用期間を過ぎるとデータが飛びます。気を付けてください。

「2.レンタルサーバーを契約する」のおさらい

ログイン後は必ず「支払い方法の設定」を済ませる。インフォパネル左側のメニュー欄の「決済関連」から進んでください。

ドメインとサーバーを紐づける

知識がない場合、ここで断念する方が非常に多いと思います。先程の例でいうと、土地と住所の紐づけです。

具体的には以下の作業が必要となります。

1.ムームードメインでの作業

2.エックスサーバーでの作業

ムームードメインでの作業

こちらは実はドメイン取得時に行った作業なのですが、スルーしてしまった方のために改めて。

ムームードメインにログインし、コントロールパネルの左側メニューから「ドメイン管理」->「ネームサーバ設定変更」をクリックします。

ムームードメインでの作業1

対象のドメインを選択し、「ネームサーバ設定変更」を「ムームードメインのネームサーバ(ムームーDNS)を使用する」から「GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」に変更し、エックスサーバーの「サーバーパネル」内の「サーバー情報」をクリックし、遷移先下部からネームサーバーの情報を取得します。(ns1.xserver.jp/ns2.xserver.jp)

これらをムームードメイン側に書き込み、保存してください。

ムームードメインでの作業2

エックスサーバーでの作業

エックスサーバーでの作業は「ドメインを登録する作業」です。

エックスサーバーのサーバーパネルを開き、ドメイン設定を選択してください。

エックスサーバーでの作業1

続いて、上部タブを「ドメイン設定追加」にし、先程取得したドメイン名を入れて確認画面へ進んでください。チェックボックスは特に触る必要はありません。

エックスサーバーでの作業2

これで、ドメインとレンタルサーバーが紐づきました!

エックスサーバーにWordPressをインストールする

エックスサーバーの左側メニューより、「WordPress簡単インストール」を選択してください。

レンタルサーバーにWordPressをインストール1

遷移先で紐づけしたドメインを選択し、タブから「WordPressインストール」を選択してください。

レンタルサーバーにWordPressをインストール2

そのうえで、サイトの情報を入力してください。ここでも特段悩むようなポイントはありません。

SSLを有効にする

ここでの作業は後々でも構いませんが、セキュリティ強化のためにSSLを有効にします。

【SSLとは?】

インターネット上におけるウェブブラウザとウェブサーバ間でのデータの通信を暗号化し、送受信させる仕組みのことです。

と、横文字が多く、分かりにくいかと思いますので、簡単に説明しますと、「URLがhttp://から始まるものではなく、セキュリティ強化したhttps://から始まるようにする」という作業です。

最近では、ブラウザが「http://」から始まるURLを脆弱と判断し、「保護されていません」や「安全ではありません」といった警告が表示されてしまいます。

ユーザー側からすると「危険なサイト」と思われる可能性があるため、SSL化はほぼ必須と思ってください。

SSL化する作業はとても簡単です。

エックスサーバーのサーバーパネルから「SSL設定」を選択してください。

SSL設定1

続いて、対象のドメインを選択し、タブから「独自SSL設定追加」を選択してください。

SSL設定2

そのまま、設定を変えることなく追加ボタンを押してください。

SSLの利用可能までには1時間ほどかかります。

Webサイトの常時SSL化

先程の設定で「https://」が使えるようになりましたが、「http://」のページもアクセスできる状態となっています。そのため、何らかの理由で「http://」にアクセスした場合でも「https://」に自動で切り替える設定を行いましょう。

SSLが利用可能になっていることを確認したうえで、エックスサーバーのサーバーパネルから「.htaccess編集」を選択してください。

.htaccess編集1

ここでも対象のドメインを選択し、「.htaccess編集」タブを選択してください。

.htaccess編集2

「.htaccess」の欄に、なにやら難しいコードが表示されますが、そこに以下のコードを織り込んでください。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

上記コードの先頭「RewriteEngine On」は既に記入されている場合があります。その場合、上記の2行目と3行目をコピーし、「RewriteEngine On」の下に張り付けしてください。

これで、常にSSL化が有効となる設定が出来ました。

WordPressのテーマを選ぶ

WordPressのテーマは、サイトデザインのテンプレートのことです。
世の中には数え切れないほどのWordPressテーマがありますが、個人的なオススメは下記の2つです。

アフィリエイトをメインで行うのであれば、ランキング形式が使えるためWING AFFINGERがおすすめです。
この辺りは好き嫌いもあるかと思いますが、アフィリエイターのツイッターを見るとWING AFFINGERの凄さが分かります。
この辺りはWING AFFINGERの公式サイト内にも取り上げられているので、ぜひ見てください。

WING AFFINGERの使い方に関しては別記事で取り上げたいと思いますので、楽しみにお待ちください。

WING AFFINGERはコチラ

関連記事
AFFINGER5とTHE THORを徹底比較!圧倒的な差が出た!?

アフィリエイトに特化したAFFINGER5(アフィンガー)とSEOに特化したTHE THOR(ザ・トール)。 ブログ作成 ...

続きを見る

WordPressにテーマをインストールする

テーマが決まったら、WordPress内でテーマのインストールをしましょう。

WordPressにテーマをインストール

WordPressの左側メニューから「外観」を選択し、「新規登録」を押すとテーマを追加の画面が表示されます。検索窓から気に入ったものをダウンロードしてもいいですし、先程紹介したテーマの様な市販品はzip形式で販売されています。
市販品を使えるようにするためには、上記画面の「テーマのアップロード」を押し、zipファイルをアップロードしてください。



【初心者向け】WordPressでブログ(アフィリエイト)を始める方法のまとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

準備だけでも正直長い!と思った方、そんなに甘ったれてはいけませんよ。

やってみなければ、成功はありません。
宝くじみたいですね。買わないのにあたるはずがない、みたいな。

まずはやってみる!やってみて分からないところは改めて調べる。
調べたらやってみる!それでも分からなければ、また調べる。
この繰り返しが大事です。

ASPの登録

アフィリエイトで稼ぐためにはASPサイトへの登録が必須です。
ASPサイトとは、アフィリエイトの商材がまとまっているサイトです。
まずはサイトが出来上がっている必要がありますので、これまでの手順を全て終え、記事を書いてから登録を行ってください。

定番のASPサイト

上記のASPは必ず登録しておいてください。
いずれも会員登録は無料です。

実際にアフィリエイトで稼げるようになってきたら、その他のASPを探していくのもいいかと思います。

今回は以上となります。
「気になっている」でとどまっていた方は、すぐにアフィリエイトに取り掛かってください!

関連記事
アイキャッチ画像
【初心者向け】RPG好きこそPPCアフィリエイトをやるべき理由

PPCアフィリエイトは2018年までという記事もちらほら見えますが、まだまだ健在です。 ぼくはいろいろなネットビジネスに ...

続きを見る

1日1ポチお願いいたします!
人気ブログランキング

-アフィリエイト, サイドビジネス関連
-, , , , , , ,

© 2020 with-Biz