その他

リモートワークのノートパソコンをすぐに手に入れる方法

コロナ対策で各所リモートワークが推奨されています。

それに伴って、ノートパソコンやプリンターが次々と売り切れ、価格.comで扱っているパソコンは6月や7月まで納品待ちの状態。

特に安くてスペックの良いPCからなくなっていきました。

今回は、急を要する方向けに、今すぐPCが届くサイトを紹介したいと思います。

ドスパラなら最短翌日発送!

関連記事
【PC初心者向け】パソコンのスペックに悩んだらドスパラを利用するべき理由

このページにたどり着いたということは、あなたは「パソコンのスペック」で悩んでいることと思います。 パソコンの初心者である ...

続きを見る

以前、ドスパラの記事を取り上げましたが、ドスパラなら最短翌日発送のため、急なリモートワークにも対応しています。

ドスパラ公式サイト

スペックについておさらい

CPUとは

CPUは処理速度に影響します。

CPUは周波数によって処理速度を見分けます。周波数はHz(ヘルツ)という単位で見ることができます。

1.5GHzのCPUと2.0GHzのCPUでは、2.0GHzのCPUの方が処理速度が速いです。

また、コア数も気にする必要があります。

コア数は並列処理できる数と考えて良いです。

つまり、2コア1.5GHzのCPUよりも4コア1.5GHzのCPUの方が処理速度は速くなります。(4コアのCPUでも処理が重くない場合は2コアしか動作しない場合があります)

また、インテルのCPUの場合、Core i3 < Core i5 < Core i7 といった感じで、処理速度に違いがあります。

メモリとは

メモリは一時記憶の領域を指します。

同時に複数の処理をする場合や、プログラミングで大量のデータをため込んで置く必要がある場合、動画編集を実施する場合、PCゲームをする場合などはメモリを大きくした方が良いでしょう。

通常使用する分には、8GBあれば十分です。

HDD/SSDとは

いわゆるハードディスクはHDDですが、より高速に読み書きができるのがSSDです。

SSDはHDDに比べてPCの起動が速いため、最近はSSDが好まれる傾向にあります。

ただし、まだまだHDDに比べてSSDは高額です。

容量が必要な場合はHDDで検討する方が良いでしょう。

ドスパラ公式サイト



リモートワークに必要なスペックは?

一概にリモートワークといっても、用途は様々です。

用途によってスペックを選びましょう。

事務職

事務職であれば、さほどスペックは必要ないでしょう。

CPU:Core i3~Core i5程度

メモリ:4GB~8GB程度

HDD/SSD:512GB~1TB程度

営業職

PCのスペックよりも持ち歩きやすさが重要かと思います。

CPU:Core i5~Core i7程度

メモリ:8GB程度

HDD/SSD:256GB~512GB程度

デザイン・開発職

極力スペックの高い物を選ぶと良いでしょう。

CPU:Core i7~

メモリ:8GB~16GB

HDD/SSD:512GB~

まとめ

ぼくはリモートワーク中にPCがスペック不足となったため、「GALLERIA GCR1660TGF-QC」を購入しました。

正直オーバースペックではありましたが、即納だった事と十分なスペックにも関わらず、非常に安価だったことが決め手になりました。

コロナ対策でPCが品薄となっている中、十分なスペックのPCが即納で手に入る環境はとてもありがたいですね。

ドスパラ公式サイト

1日1ポチお願いいたします!
人気ブログランキング

-その他
-,

© 2020 with-Biz