Form data to kintone

kintone その他 ビジネス関連

WordPressの問い合わせフォームContact Form 7とkintoneを連携する方法

WordPressでHPを作成している場合、プラグインの Contact Form 7 で問い合わせフォームを作成している方も多いと思います。

今回は、Contact Form 7 と Kintone を連携し、問い合わせ内容をそのまま Kintone に転記する方法をご紹介します。

Contact Form 7 をインストールしてフォームの作成をする

まずはContact Form 7 をインストールし、フォームの作成をしておいてください。

手順は以下の記事を参考にしてください。

Contact Form 7 でWordPressへ簡単に問い合わせフォームを設置する方法

このサイトはWordPressの有料テーマであるAFFINGER5で作成していますが、AFFINGER5には標準で問い合 ...

続きを見る



Form data to kintone をインストールする

次に、Contact Form 7 のアドオンのプラグインである Form data to kintone をインストールします。

プラグインの検索窓から「Form data to kintone」を検索し、インストールしてください。

インストール手順

インストールが完了したら、「有効化」をクリックしてください。

問い合わせ用のkintoneアプリを作成

問い合わせフォームの内容にあったKintoneのアプリを作成してください。

フォームの設置が完了したら、WordPressの問い合わせフォームとKintoneアプリが連携できるように、KintoneのAPIトークンを生成します。
Kintone上部の「設定」メニューから「APIトークン」を選択してください。

APIトークン発行手順

APIトークンの画面で「生成する」ボタンを押してください。
APIトークンが生成されますので、これを使用してWordPressからアクセスするように設定します。
権限は「レコード閲覧」「レコード追加」のみチェックボックスにチェックを入れます。

生成したAPIトークンは後ほど使います。
コピーしてメモを残しておきましょう。

APIトークンの生成

最後に「保存」を押して「アプリを公開」してください。



問合わせフォームとkintoneアプリの連携設定を行う

ここから Form data to kintone の設定になります。

フォームの上部タブから「kintone」を選択しましょう。

フォームのkintoneタブ

黒塗りしてある部分を埋めていきます。

kintoneのドメインドメイン名.cybozu.com
kintoneへ登録エラーを送信するメールアドレス任意のメールアドレス
APP IDKintoneで作成したアプリのID(半角数字)
Api Token先程の工程で作成したAPIトークン

kintoneとフォームの紐づけ※一部個人的な内容があるため、塗りつぶししております

画面左側の項目がKintoneアプリのフィールド、画面中央が Contact Form 7 で作成した問い合わせフォームの項目になります。
項目の紐づけを終えたら「保存」し、上部に表示されているショートコードをページに挿入すればすべての工程が完了となります。

まとめ

本ページではWordpressとkintoneの連携について記載しました。ざっくりと手順は下記の通りです。

手順

  1. Contact Form 7 をインストールし、問い合わせフォームを作成する
  2. Form data to kintone をインストールする
  3. kintoneアプリを作成する
  4. kintoneとの連携設定を行う

問い合わせフォームは設置していたけど、届くメールからエクセル・スプレッドシートやKintoneに転記していた方は必見の機能です。
転記の手間がなくなるため、単純に作業が減るだけでなく、抜け漏れがなくなり作業効率が格段に良くなります。

ノンプログラミングで実装できるので、誰でもできる内容かと思います。
ぜひ参考にしてみてください。



注意事項

注意すべき点について記載しておきます。

以前、当サイトでご紹介した「Contact Form 7 Serial Numbers」との連携は取れません。

関連記事
Contact Form 7の自動返信メールに連番を追加する無料プラグイン

先日ご紹介したContact Form 7 の拡張プラグインのご紹介です。 問い合わせフォームに自動で連番を割り振り、受 ...

続きを見る

というのも、「Contact Form 7 Serial Numbers」は自動返信メールに対して連番を振る機能ですので、メールが送信されるタイミングで初めて有効となります。
そのため、「Contact Form 7 Serial Numbers」を使って問い合わせ番号管理をしていた方は、その番号は自動でKintoneに取り込めないことをご理解ください。

Form data to kintone

WordPressの問い合わせフォームContact Form 7とkintoneを連携する方法

WordPressでHPを作成している場合、プラグインの Contact Form 7 で問い合わせフォームを作成している方も多いと思います。 今回は、Contact Form 7 と Kintone を連携し、問い合わせ内容をそのまま Kintone に転記する方法をご紹介します。 目次Contact Form 7 をインストールしてフォームの作成をするForm data to kintone をインストールする問い合わせ用のkintoneアプリを作成問合わせフォームとkintoneアプリの連携設定を行 ...

ReadMore

Contact Form 7の自動返信メールに連番を追加する無料プラグイン

先日ご紹介したContact Form 7 の拡張プラグインのご紹介です。 問い合わせフォームに自動で連番を割り振り、受付番号の様な形で管理したい…と思われている方に是非導入していただきたいのが、今回ご紹介する「Contact Form 7 Serial Numbers」です。 目次Contact Form 7 Serial Numbers の特徴Contact Form 7 Serial Numbers のインストール手順Contact Form 7 Serial Numbers の設定表示タイプ:通し ...

ReadMore

Contact Form 7 でWordPressへ簡単に問い合わせフォームを設置する方法

このサイトはWordPressの有料テーマであるAFFINGER5で作成していますが、AFFINGER5には標準で問い合わせフォームが付いていないため、無料のプラグインを使って問い合わせフォームを設置する必要があります。 オススメの無料プラグイン Contact Form 7を使うことで、自動返信メールやサンクスページが設置できます。 当サイトに記載する手順通りに行えば、初心者でも簡単にカスタマイズすることができます。 目次Contact Form 7とはContact form 7のインストール手順Co ...

ReadMore

1日1ポチお願いいたします!
人気ブログランキング

-kintone, その他, ビジネス関連
-, , ,

© 2020 with-Biz