kintone ビジネス関連

【超簡単】初心者でもできる!kintoneの開発環境構築手順(VSCode)

kintoneのロゴ

kintoneといえば、ノンプログラミングでアプリを作成できるツールであり、いろいろな自治体をはじめ、多くの企業で活用されているフレームワークです。

しかし、アプリ間の連携を取るなど、開発規模が大きくなると、標準の機能でカバーできなくなってしまいます。

その際には、CSSやJava Scriptでカスタマイズすることが可能です。

今回は、開発環境の構築手順についてまとめてみました。

Visual Studio Code(VSCode)を用いて開発環境を構築する

今回は、人気のコード エディター「Visual Studio Code」通称VSCodeで開発環境を構築します。

ぼくの環境はWindowsですが、Macでも同様の手順で開発環境を構築できると思います。



Visual Studio Code(VSCode)をインストールしよう

まずはVSCodeをインストールします。

上記のリンクに飛ぶと、以下のようなページが表示されるので、「今すぐ無料でダウンロードする」をクリック。

VSCodeインストール手順

ご自身の環境にあったインストーラーをダウンロードしてください。

VSCodeインストール手順 OSから選択

VSCodeUserSetup-xxxx-x.xx.x.exeのインストールファイルを起動します。

セットアップ画面

[次へ]をクリックします。

使用許諾契約書の同意

インストール先のフォルダを指定して[次へ]をクリックします。

インストール先の指定

プログラムアイコンを作成するフォルダを指定して[次へ]をクリックします。

プログラムグループの指定

インストール時のオプションを選択して[次へ]をクリックします。

追加タスクの選択

インストール時の設定が問題なければ[インストール]をクリックします。

インストール準備完了

インストール中

これでVSCodeのインストールが完了です。

日本語対応も忘れずに!

画面左のサイドバーから拡張機能アイコンをクリックし、「Japanese language」と検索してインストールします。

VSCodeの日本語化

インストールが完了したらVSCodeを再起動してください。

kintoneからlocalhostを参照し変更を随時監視する

vscodeのLive serverを使用し、kintoneからGoLiveでhostした

 https://127.0.0.1:5500/指定ファイル名

にアクセスしファイル内のJava Scriptを参照します。

Live serverはデフォルトで「http通信」しか対応していないため、「https通信」を可能にするため証明書発行・vscodeのsetting.jsonの編集をする必要があります。

では、さっそく準備に取り掛かりましょう。

1.Vscodeの拡張機能「Live server」をインストールする

画面左のサイドバーから拡張機能アイコンをクリックし、「Live Server」と検索してインストールします。

Live Serverのインストール

2.https://localhostへのアクセスをブラウザが安全と判断するためOSに証明書をインストールする

https://github.com/FiloSottile/mkcert/releases/ にアクセスし、mkcert-v?.?.?-windows-amd64.exeをダウンロード。

証明書のインストール

3.exeファイルを実行し証明書取得

先程がダウンロードしたmkcert-v?.?.?-windows-amd64.exeの名前をmkcert.exeに変更し、コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します。

mkcert -install
mkcert localhost 127.0.0.1 ::1

※ダウンロードフォルダにmkcert.exeがある場合は、コマンドプロンプト上でcdコマンドを使用してカレントディレクトリをダウンロードフォルダに変更しておいてください。

パスワードの代わりにセキュリティの警告が表示されるので「はい」をクリックします。
※この証明書や秘密鍵は開発用途のみ利用するものとし、他人とは共有しないでください。

4.作成されたpemファイル(2種類)をC:\cert\に移動

以下の様に、C:\cert\に2種類のpemファイルが格納できればOKです。

生成されたpemファイル

5.mkcertが作った証明書と秘密鍵を使ってLiveServerをhttpsで動作するように設定

メニューから「ファイル」→「ユーザー設定」→「設定」の順にクリックし、設定タブを開きます。

Live Serverの設定

設定タブ内の「ワークスペース」をクリックし、検索窓に「Live Server」と入力します。
検索結果の中から「Https」の項目を探し、「settings.jsonで編集」をクリックします。

settings.jsonを編集 

// settings.json
{
	"liveServer.settings.https": {
		"enable": true,
		"cert": "C:\\cert\\localhost+2.pem",
		"key": "C:\\cert\\localhost+2-key.pem",
		"passphrase": ""
	}
}

settings.jsonに上記のコードをコピペしてください。

上記コードの解説

  • enable: trueを設定するとhttpsで動作します
  • cert: mkcertで生成された証明書へのパスを設定します
  • key: mkcertで生成された秘密鍵のパスを設定します
  • passphrase: パスフレーズですが空文字を設定します

6.VSCode再起動し、画面下部にある「GoLive」で「https://127.0.0.1:5500」を立ち上げる

VSCodeの右下にGo Liveが表示されるので、クリックしてください。

未接続時未接続時
接続時接続時

7.kintoneJsファイルアップロードするページで「URL指定で追加」からパスを通す

kintoneの画面



まとめ

ここまで設定できれば、kintoneに紐づけたソースコードの編集をVSCode上で行い保存をかけると、リアルタイムでkintoneでの動作確認が行えます。

開発用はURLで指定し、本番用はファイルをアップロードすることで、開発中の機能を一般ユーザーに見せないことも可能です。

毎回JSファイルをアップロードして動作確認するのは手間ですので、しっかり環境構築を行い、有意義なkintone開発を行ってください!

Kintoneで郵便番号から住所を検索する方法

過去に同様の記事を書きましたが、2020年6月でAPIの提供が終了してしまいました。 新たにzipcloudが郵便番号検索APIを提供してくれていますので、こちらを使って郵便番号から住所を取得するサンプルコードを記載します。 目次郵便番号検索APIとはKintoneのフィールド情報Kintoneで郵便番号から住所を出力するサンプルコード 郵便番号検索APIとは 郵便番号検索APIは、日本郵便が公開している郵便番号データを検索する機能をRESTで提供しています。現在使用しているデータは、「2020年6月30 ...

ReadMore

Form data to kintone

WordPressの問い合わせフォームContact Form 7とkintoneを連携する方法

WordPressでHPを作成している場合、プラグインの Contact Form 7 で問い合わせフォームを作成している方も多いと思います。 今回は、Contact Form 7 と Kintone を連携し、問い合わせ内容をそのまま Kintone に転記する方法をご紹介します。 目次Contact Form 7 をインストールしてフォームの作成をするForm data to kintone をインストールする問い合わせ用のkintoneアプリを作成問合わせフォームとkintoneアプリの連携設定を行 ...

ReadMore

【kintone】ボタンクリックで別アプリの編集画面に値をコピーした状態で開く方法

タイトルだけ見ると何を言ってるか分かりませんよね…^^; Aアプリのスペースに設定したボタンからBアプリの編集画面を立ち上げ、Aアプリの内容をフィールドに事前に設定しておきたいケースに使用するサンプルコードです。 (function() { "use strict"; var events = ['app.record.detail.show','app.record.create.show','app.record.edit.show' ...

ReadMore

【kintone】JavaScriptを使って郵便番号から住所を作成する(コピペでOK)

kintoneの顧客管理アプリを作ってる中で、ふとこんなことを思ったのがきっかけ。 kotopapa住所入力面倒だなぁ…。郵便番号からある程度情報取れないかな…。 JavaScriptを使えばあっという間に実現できました! kintoneのフィールド情報 kintoneのアプリには以下のようなフィールドを追加してください。 フィールド名 フィールド形式 フィールドコード 郵便番号 文字列(1行) zipcode 都道府県 文字列(1行) pref 市区町村 文字列(1行) city 以下住所 文字列(1行 ...

ReadMore

JavaScriptを使ってkintoneの一覧画面上に全レコードを対象とした一括処理ボタンを実装したい

kintoneを使っているとよく発生する事象です。 アプリ内のレコード数が数千件あるが、この新しくフィールドを追加することになった。 全件条件分岐で内容を入れたいが、ひとつずつやっているといつまでかかるかわからない…。 そんな時は、一括で処理してくれるボタンを実装しちゃいましょう! (function () { "use strict"; kintone.events.on('app.record.index.show', function (event) { if ( ...

ReadMore

kintoneのJava Scriptで非同期処理の完了を待つ方法

kintoneのjava scriptで機能拡張していると、便利なはずの非同期処理がかえって困るケースがあります。 例えば、保存時の処理。 submit.successの処理時に他アプリの値を取ってきたり、書き換えたり。 kintone.apiのGETやPUT、POSTに関して、returnをつけることで簡単に非同期処理の完了を待つことができることをご存じでしょうか? return kintone.api(kintone.api.url('/k/v1/records', true), &# ...

ReadMore

kintoneでJava Scriptを使ってサブテーブルを初期化する方法

kintoneで別アプリのレコード情報をサブテーブルにまとめて取得する場合、まずはサブテーブルを初期化…。 あれ?サブテーブルの初期化ってどうやるの!?となったあなた。 そんな時は以下のコードで初期化することができますよ。 // テーブル初期化関数 function initRow(table_name) { let record = kintone.app.record.get().record; for(let i = record[table_name].value.length; i >= ...

ReadMore

kintoneでJava Scriptを使ってダイアログ(確認ポップアップ)を表示する

kintoneの保存前に保存チェックをしたり、保存キャンセルをしたり、ダイアログを表示することで処理の切り替えをすることが可能です。 目次ダイアログで他アプリの登録画面を表示したいダイアログで保存を中断したいダイアログで保存内容を反映させないダイアログを使って保存前の分岐処理を作ると便利 ダイアログで他アプリの登録画面を表示したい kotopapa管理アプリに紐づく別アプリの登録が済んでない場合、別アプリの登録を促したい…   そういう場合に、ダイアログでユーザーに注意を促し、他アプリの登録画面に遷移する ...

ReadMore

トップ画像

【超簡単】kintoneでJava Scriptを使って正確な年齢を自動計算する方法

kintoneの標準機能では年齢表示をすることができないのをご存じでしょうか。   kotopapa標準機能の計算フィールドを使って年齢計算するとうるう年が考慮されなかったりしてズレるんだよね…   そう、計算フィールドを使って簡易的に実装はできるものの、うるう年の計算などが考慮されておらず、標準機能では完璧な年齢計算ができません。 そこで、コピペするだけで使える年齢計算のJava Scriptコードを公開したいと思います。     目次コピペするだけ、年齢計算のJava Scriptサンプルコード①サン ...

ReadMore

【超簡単】初心者でもできる!kintoneの開発環境構築手順(VSCode)

kintoneといえば、ノンプログラミングでアプリを作成できるツールであり、いろいろな自治体をはじめ、多くの企業で活用されているフレームワークです。 しかし、アプリ間の連携を取るなど、開発規模が大きくなると、標準の機能でカバーできなくなってしまいます。 その際には、CSSやJava Scriptでカスタマイズすることが可能です。 今回は、開発環境の構築手順についてまとめてみました。 目次Visual Studio Code(VSCode)を用いて開発環境を構築するVisual Studio Code(VS ...

ReadMore

1日1ポチお願いいたします!
人気ブログランキング

-kintone, ビジネス関連
-, ,

© 2020 with-Biz